海外にいくなら海外保険に加入しておくのが安心!海外保険はクレジットカードに付帯のものがおすすめ!

こんにちは。管理人のamyです。

今日は海外旅行に必要な海外保険についてについて書きたいと思います。

海外に行く際にやはり心配になるのが、「もしもの時」です。

美味しいものをたくさん食べて、お腹を壊してしまったり、風邪をひいてしまったり、入院せざるを得なくなってしまったり…。心配は尽きないものです。

そんな不安を解消してくれる「もしもの時」の強い味方が海外保険です。

それでは早速いってみましょう♪

海外保険の種類について

海外保険に入るには2通りあります。

1つは、海外保険を運用してる保険会社に申し込む事

メリット
渡航日当日でも空港の保険カウンターで申し込みができる事です。
保険に入り忘れてた!って時も安心ですね。

また、保険会社によっては種類も多く、内容をカスタマイズできるのも魅力です。

デメリット
値段が高いのが少し痛く、保険に入り忘れたらそれまでです。
無保険のまま海外へ飛び立つしかありません。

 

2つ目はクレジットカード付帯の海外旅行傷害保険

旅行前にバタバタと保険に加入せず入り忘れも防げるのが、クレジットカード付帯の海外旅行保険です。

クレジットカード会社によって保険内容は違います。

メリット
カードを持っていれば保険に入り忘れがなく、めんどくさい保険の手続きもないです。

デメリット
カード付帯の保険の適用期間は3カ月間なので、その期間を過ぎてしまうと無保険になる。

そして、クレジットカード付帯にも2種類あるんです。

1、クレジットカード自動付帯の海外旅行傷害保険
2、クレジットカード利用付帯の海外旅行傷害保険

クレジットカードの種類でも海外保険が自動でついてくるものと、利用しなければついてこないものがあります。

それでは、私なりに1つ1つ解説をしてみますね。

クレジットカード自動付帯の海外旅行傷害保険とは?
海外旅行時にカードを持って行くだけで、自動で保険が適用になります。

簡単ですね。持って行くだけでokです。

メリット
持って行くだけで保険が適用になる。
とにかく楽で入り忘れがない。

デメリット
日本を発ってから3ヶ月間しか有効ではない。(長期者に不向き)
3ヶ月過ぎて再度適用にするには日本に一度帰国しないといけない。

 

クレジットカード利用付帯の海外旅行傷害保険とは?
海外旅行の何か費用の一部を、カードで支払わなければ適用になりません。
例えば、日本出国前の飛行機代金の支払いや空港までの交通費に利用するでもokです。

とりあえず、で保険適用させる場合は、旅行の出国前に旅行に関連した移動費をカード決済する必要があります。

メリット
海外に到着してもし、第3カ国に行く場合に交通費をカード決済にすれば、第3カ国でも保険適用になる。

デメリット
渡航の際に何かしらカード決済をしなければいけないので、少々めんどくさい。

 

どちらにもメリット・デメリットがあるので、私は状況によって使い分けをしようと思い、

両方のタイプを持っています(●^o^●)

スポンサードリンク

 

amyオススメのカード
私はいつも海外に行くときは、別で海外旅行傷害保険に加入せず、持ってるクレジットカード(自動/利用)付帯の海外旅行傷害保険で適用させています。

そこで、私がオススメする海外旅行傷害保険付帯カードをご紹介します。

 

エポスカード
こちらは、海外旅行によく行く人の間では定番の海外旅行傷害保険自動付帯のタイプです。

それだけじゃなく、エポスカードは年会費無料なのも大きなポイントです!

三井住友VISAクラシックカード/Aカード
こちらは、いざという時のために持っている海外旅行傷害保険利用付帯タイプです。
出国前の旅行費をクレジットカードで決済し、保険を適用させられるので新しく追加しました。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックAカード

三井住友クラシックカードにはクラシックとクラシックAがあります。

クラシック年会費:1,250円(税抜き)

クラシックA年会費:1,500円(税抜き)

 

クラシックは利用付帯のみにくらべ、クラシックAは自動付帯に加え利用付帯も付いてきます。

年会費250円アップするだけで保険内容が濃くなるので、私は迷わずクラシックAにしました!

このエポスカードと三井住友VISAクラシックAカードを使い分けながら海外旅行傷害保険を適用させています。



まとめ
私は未だに海外に行って病院にお世話になったことがないので、まだ海外旅行保険の出番はありませんでした。。。
健康が一番です!

もし、今後海外で病院にお世話になることがあれば、カード付帯の海外旅行保険を使って

レポートをしたいと思います。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です